トップページ事業案内地域福祉活動 > 地域見守り・交流事業

地域見守り・交流事業

地域見守り・交流事業

目的

単位民生委員児童委員協議会ごとに、地域の実情に応じて日頃、閉じこもりがちで、交流の機会の少ない一人暮らし世帯や見守りの必要な世帯へ、民生委員・児童委員や地域の関係者等による見守り訪問活動や交流の機会を通して、孤独感の解消と安否確認を図ることを目的とします。

対象者

  • 地域内で日々閉じこもりがちで、交流の機会の少ない一人暮らし世帯など
  • 健康に不安を抱えている方、見守りの必要な方(高齢者・障害者・子育て世帯)など。

事業内容

単位民生委員児童委員協議会ごとに、次のいずれかの方法を選択又は組み合わせて実施します。

  • 外出の機会の少ない対象者を集めての食事会の開催。
  • ふれあい・いきいきサロンを活用しての交流会の開催。
  • 外出の機会の少ない対象者を集めてのピクニックの開催。
  • お弁当や茶菓子を持参しての友愛訪問活動。
  • その他、地域の実情に応じた方法で実施可。

期日及び場所

各単位民児協で開催日・場所を調整します。
※なお、通年で実施できます。

その他・備考

「地域見守り・交流事業」に伴う予算については、「歳末たすけあい募金」により活用させて頂いております。

担当課・お問い合わせ先

地域福祉課
TEL:098-857-7766
FAX:098-857-6052
  • facebook
  • twitter

ページのトップへ